道具

買って良かった中古Macbookの設定内容

外観は、昔も今も「オシャレ」の一言に尽きます。

数年間に女子大生の先輩が使っている「オサレなパソコン」というCMが、一世を風靡しました。我が家のMinkanお嬢様におかれては、実質的に私物化なさりつつあります。

そしてキーボードの完成度に至っては2012頃のMacbookが最強です。

ただし … CPUやメモリ、特にGPUは最新機種に及びません。こればかりはどうしようもありません。

この件に関しては、先日もMacbook Late 2008 13インチユーザからご質問を頂戴しました。そこで私の設定内容を紹介させて頂くことにします。

(設定次第では、まだまだ十分にメインマシンとして活躍できる訳です)

Windows 10導入

残念ながら最新版のmacOSやMac OS Xで中古ノートパソコンを使おうとすると、日本語ライブ変換を始めとする各機能が使える、動作も恐ろしくモッサリとしてしまいます。

私もMacbook Late 2008 13インチにmac OS Catalinaをテスト導入してみましたけど、その体感速度の遅さに驚きました。ちなみにギリギリでサポート対象外となったMacbook Air 2011 13インチでは、全くストレスなく動作しました。

それにMacbook Late 2008だとmacOS Catalinaがハードウェア設定を自動認識し、例えばBoot CmapではISO媒体からのインストールという選択肢が表示されなくなります。

一方でWindows 10はタブレットなども含めて、幅広いハードウェアで動作するように設計されています。おかげで画面表示がショボクなったりしますけど、実用的には十分に使用可能です。

そこで中古Macbookの場合は、基本的にWindows 10を導入することがオススメとなります。

(どうしてもmacOS やMac OS Xをインストールしたい人は、インストール媒体を入手して「時刻設定」を数年前に戻してインストールすると良いでしょう。証明書の有効期限が切れているため、現在の時刻ではインストールできないと断れることがあります)

Windows 10導入

さてWindows 10のインストールですけど、幾つかの方法があります。ただし後述のようにBoot Campドライバは削除することがオススメとなるので、Boot Campを利用してデュアルブート環境にしておくことがオススメです。

Windows環境からBoot Campドライバを取り除くと、画面の輝度や音量を調整できなくなってしまうのです。だからそういった場合にはmacOS側から起動して調整します

どうしてWindows環境からBoot Camp環境を取り除くかというと、このドライバはAppleでサポート終了していることがあります。そんな状況でWindowsアップデートが実行されると、OS起動しなくなってしまうことがある訳です。

まあこまめにバックアップを取る習慣を持っていれば、覚悟の上でBoot Campドライバを使い続けても良いでしょう。そもそもPCが動かなくなるというのは皆無ではないので、私たちは日頃から覚悟しておく必要があります。

あとMacbookはMid 2012まで標準型2.5インチHDDを搭載していたので、これを高速&安価なSSDに換装することが可能です。私のMacbook 13インチMid 2009は、Windowsのみがインストールされています。必要に応じて、Mac OS Xをインストールしたディスクに交換してしまうという作成です。

(なお2.5インチSSDやHDDにインストールしたWindowsは、デスクトップPCに装着すれば問題なく起動します。Macbook故障時でもデータ紛失のリスクが大幅に下がるので、ちょっと古くて重くても、2.5インチHDD交換の可能な機種は魅力的です。

Windows 10高速化

Windows 10のデフォルト設定では、最新ハードウェアのスペックをフル活用できような動作設定になっています。それをCPUやメモリの制限されたWindows 10向けにカスタマイズすると、使いやすさが大幅に向上してくれます。

「パフォーマンス優先」へ変更

コントロールパネルの “システム” を選択し、”システムの詳細設定” を選択します。そこで「パフォーマンス優先」を選択すると、アニメーション機能がオフになります。

なお私は文字のデザインを気にする性格なので、「スクリーンフォントのフチを滑らかにする」だけオンに設定内容を戻しています。

「余計なアプリ」の停止

“設定” → “プライバシーの設定” → “バックグランドアプリの管理” で、全てのバックグランドアプリの動作を停止させます。これにより作業中は、他のタスクがCPUやメモリを消費することがなくなって高速化されます。

「CPU使用率」の調整

私の場合は処理速度も重要ですが、静かな環境も重要です。そもそもノートパソコンをメインマシンとしているのは、デスクトップPCの冷却ファンの動作音に耐えられないからです。

そこで電源管理から、現在選択されている電力メニューの詳細設定を選択します。CPUに関しては最大処理性能の82%程度に抑えています。

周辺機器による改善

既に相当なネタばらしをやってしまいましたが、Macbook Pro Mid 2012インチなどは、2.5インチHDDを高速SSDに交換可能です。そしてさらに、メモリも増設可能です。場合によっては16GBも実現可能です。

また先の記事で紹介した通り、ハードウェアやWindows OSのチューンアップだけが全てではありません。

テキストエディタなどを導入することにより、作業効率が大幅にアップします。

(この記事もそうです)

ソフトウェアの場合は利用者の環境に応じて、こまめに環境を整えることが有用です。とりあえず小説の原稿を書くとか、ブログ記事を作成する程度であれば、テキストエディタさえあれば「鬼に金棒」でしょう。

まとめ

以上が中古Macbooの設定内容です。

私はこのような設定内容を実施することにより、何年使っていても「買って良かった」と考えています。

しかし残念ながら、ハードウェアの寿命というものがあります。こればかりは、部品交換していっても本体寿命に遭遇します。

私のMacbook Air 2010 11インチはキーボードがギシギシと音を立てるようになりました。液晶を壊したユーザなども存在します。

さすがにいくら「買って良かった」といっても、本体がダメになったらどうしようもありません。こういう時は、潔く買い替えることにしましょう。

それでは今回は、この辺で。ではまた。

———————–
記事作成:よつばせい